保湿をケチると老ける?

なんだか1月が一番、空気が乾燥してますよね。

部屋に加湿があるんですが、それを見れば一目瞭然です。20%台というのはかなりの
乾燥だと思うんですが、1月の晴れた日は軒並み記録してますから。

インフルエンザが流行するのも仕方ないと思います。

子供の頃は湿度とか関係なく、意識もしてなかったんですが、乾燥肌になってしまって
身体が痒くなってからというものの、冬の乾燥時期に湿度を気にしないワケにはいかなく
なりました。

ということで肌の乾燥やかゆみを予防するために加湿器をモクモクと焚いています。
保湿ケアの参考にしているサイトです。⇒保湿ケアの正解&不正解

これまでは乾燥してからクリームを塗っていた感じなんですけど、違いますね。
温度や湿度を調整して乾燥すらさせないということが大事なんですよね。

また、加湿器もお金をケチって安いもの(ペットボトル加湿器)を使っていたいんですが、
本格的なものを購入した瞬間、もう後戻りできなくなりました。やっぱいいわ。

というわけで、乾燥するとその分、肌はダメージを受けたり、うるおいが逃げて細胞の劣化が
進んでしまうので老化が進んでしまいます。細胞に乾燥(水分不足)は厳禁なんですね。

「保湿をケチると老ける」という意識を持たないといけないなーと思います。


このブログ記事について

このページは、afplink01が2015年1月13日 13:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私が思うスキンケアアイテムの選び方」です。

次のブログ記事は「美容情報へのアプローチの仕方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25